blog, store, チランジア,

ウスネオイデスの育て方。

IMGP7874

ウスネオイデスの控えめで小さな花。

もちろんバラやランのような派手な花もいいけれど

ちょっと控えめで可憐な花もまたいいですよね。

 

このウスネオイデス(Tillandsia usuneoides)

最近では巷のおしゃれインテリア雑誌などでも

必ずと言っていいほど登場する植物なんですが

実は枯らしてしまうお客様も多い品種です。

 

IMGP9215ver2

 

そのため雑貨屋さんなどでフェイクグリーン(造花)として

形を似せたものが売られているのもよく見かけますが

最初の写真のように花も咲く楽しみもあるので

エアープランツ屋としてはぜひ本物をうまく育ててみてもらいたい

と常日頃思っているわけです。

 

この品種の失敗の原因としては

「乾燥」と「蒸れ」が多いような気がします。

モシャモシャとして葉が細く繊細なため

強い直射日光などに当てるとチリチリとしてしまいます。

それと水分を細い体に溜め込むことも出来ないため

ある程度の湿度と多めの水やりを好みます。

 

そしてよく忘れがちな「風」。

ワイヤーで束ねて売られていることが多いのですが

どうしても根元(では無いんですが。。。)を束ねているため風通しが悪く

水やりの後の蒸れのせいで次第に茶色くなってしまうことがあります。

 

この植物の面白い点は頭やお尻といった区別がないこと。

お家に帰ったらワイヤーをほどいて、風通しがよくなるように

ほぐして作り直してあげるとその後の調子がいいですよ。

風通ればいいので、たとえばこんな感じ。。。

IMGP7876

 

もし茶色く変色している部分(水に濡れても茶色のままの部分)があれば

切ってしまってよいので束ね直して

外に吊るして雨に当ててあげるのもオススメです。

意外と寒さにも強いので強い日差しにだけ気をつければ

屋外の管理の方が栽培には向いていると思います。

 

 

いま育てていてどうしても上手くいかない!って方は

このように日当り、湿度、風通しを意識して

置き場所を考えて変えてみるとうまく生長してくれると思います。

 

産地によってカール、グリーン、ファイン、グレイなど

葉の色や太さの違いもあるので

色々と集めて育ててみるのも楽しいですよ。

 

ウスネオイデス(Tillandsia usuneoides)

 

2016-05-29 | Posted in blog, store, チランジア, Comments Closed 

 

洞窟と巨木。

 

IMGP7236

仕事の合間をぬって、久しぶりにカミさんの地元、沖縄に行って参りました。

 

まだまだ寒い福岡を飛び立って2時間ほど。

さすが沖縄。ほどよい気温に先程までの寒さを忘れます。

 

短い滞在の中、どうしても訪れたかった場所がありました。

お待ちかね(誰が??)巨木を訪ねる旅、沖縄編です。

今回僕が会いに行きたかった巨木は「ガンガラーの谷」にあるガジュマル。

 

もう「ガンガラーの谷」って何なの!?って思ってしまった時点で

すでに心を鷲掴みにされてますからね。思うつぼです。

 

IMGP7238

これです。「ガンガラーの谷」。

え?谷じゃなくて洞窟?

そう。ここから探検の始まりなんです。

 

この洞窟の入り口までは無料で入れるんですが

そこから奥に行くには有料のガイドツアーに参加する必要があるとのこと。

お目当ての巨木に会うためにツアーへ飛び入り参加です。

IMGP7273

このガンガラーの谷、実は遺跡となっていて18,000年前の人骨が発見された場所からも近いため

古代人の生活の場所となっていたのではとのこと。

ガイドのお姉さんが紹介してくれた古代人「港川人」の似顔絵、かなりのインパクトがありますが

どこか街行く沖縄のおっちゃんにも似ているような???

その濃い遺伝子は連綿と現代まで繋がっているようです。

(気になる方はぜひ港川人ググってみてください)

 

入り口の鍾乳洞を抜けるとそこは谷になっていて

沖縄特有の樹木やシダ類に包まれたワイルドな風景は

ふと茂みから恐竜でも出てきそうな雰囲気です。

IMGP7256

一時間半ほどのツアーのクライマックスは

やはりガジュマルの巨木との遭遇です。

 

 

IMGP7265

 

以前「樹木のボディランゲージ」について学んだことがあります。

先生曰く、なぜそこに立つ樹木がそういった形に育ったのか

そこには必ず意味があると。

その樹木のボディランゲージを読み解くことで

その樹木の歩んできた時間に想いを馳せるという話に感動したことを思い出しました。

 

僕ら動物は環境が変わっても自分の居心地のよい場所へ簡単に移動できますが

動くことが出来ない植物は周りの環境の変化に自分を適応させていくことで

生き残りを目指していきます。

 

例えば台風で枝や葉が折れてしまったら

別の場所から枝を出し、光合成を補って

片側の幹を太らせて、重心のバランスをとり

根をのばして、水と栄養を確保して柔軟に対応します。

 

その話を聞いて、数千年も生き抜く樹木には

僕が生き抜くために学ぶことがたくさんある気がしました。

 

沖縄では古くからガジュマルには妖精キジムナーが住んでいるということで特別な樹として大事にされています。

今回僕にはキジムナーは見えなかったけど

沖縄のそういう素敵な話、僕は大好きです。

 

沖縄を訪れた際にはぜひ、キジムナー探しに

ガジュマルの巨木を見に行ってください。

 

=イベント出店情報==

2016年

3月17〜21日 全国陶磁器フェア @マリンメッセ福岡

3月26〜27日 福岡ブロカンテ @福岡市舞鶴公園

4月1〜3日 よりみち雑貨市 @長崎ココウォーク

4月2〜10日 福博花しるべ @福岡天神警固公園

4月16〜17日 護国神社の庭フェス @長崎県護国神社

5月3〜5日 アンティーキング @北九州市門司区

5月13〜15日 LOHAS FESTA @大阪 万博記念公園

5月28〜29日 LOHAS FESTA @広島

 

 

 

2016-03-09 | Posted in blog, trip, 九州No Comments » 

 

植物の顔。

IMGP7275

みんな「いい顔」してます。

生き物である植物は

同じ品種でもひとつとして同じ表情はないのでおもしろい。

 

写真はT.caputmedusaeという

けして珍しい品種ではないんですが

その美しいフォルム「顔」が気に入ったら

その一株が、自分にとっては大事な宝物です。

 

一部の園芸家や専門家が唱える珍種ももちろんいいですが

お客様それぞれ自分だけの好きな「顔」探しも

楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

まずそこには専門知識とかウンチクとか抜きにして

「おもしろい」「かわいい」「なんか好き」

って気持ちでいいんです。

 

だって好きな人のこと、もっと知りたいと思うでしょ?

はい。難しい話は後回し!

もう植物の魅力にはまってしまいます。

僕もエアープランツ屋でありながら

お客さんや植物屋さんからいろんな違ったジャンルの植物の話を聞くのが大好きです。

 

自然が創りだす形は本当に「sence of wonder」です。

そこに感動できることを色んな人と共有できるのは何より楽しいです。

そのお手伝いが何か少しでもできたらいいなと毎日毎日考え続けてやっています。

 

ふと植物の魅力に気付くと普段なにげなく歩いてた近所の道ですら

発見と驚きに溢れていることに気付きます。

なんと近所にどれだけ知らない植物があることか!

 

知らなくたって面白い。知れば知るほど面白い。

まだまだ知りたいことは尽きることがありません。

 

さあ植物との終わらない旅、ご一緒しましょう!

 

IMGP7245

 

2016-03-03 | Posted in blog, チランジアNo Comments » 

 

寒波。

IMGP7174

今年は「暖冬」と言ってたのは、いったい何だったんでしょう・・・。

福岡でも観測史上に残るほどの大雪。辺り一面、雪化粧。

 

その日は楽しみにしていた護国神社蚤の市への出店だったんですが

前日から大雪への警戒を呼びかけるニュースもあって開催が危ぶまれる

微妙な状況でした。

 

そんな中主催側から遠方から参加のため

前日入りして準備されてたりする出展者や

雪にも関わらず来て頂けるお客様のため

状況に気をつけながらやれる所までやってみようとの連絡が。

 

なんせこれまで体験したことの無い天候状況なので

僕も当日がどうなるのか全く予想できない状況でした。

もちろんキャンセルも出来るよとのことだったんですが

寒いし大雪で大変なのはわかってるのにやってみようとの主催者の心意気に

僕は応援したいなとの気持ちで参加することに決めました。

 

実はさかのぼること数年前。。。

降りしきる雨の中、その日もとある小さなイベントへ出店しておりまして。

予想どおりといいますか・・・売り上げも残念な結果だったんですが

そんな中ひとり植物を並べる僕の背中に温かい声をかけてくれたのが

ふと通りかかった護国神社蚤の市主催者の方でした。

 

植物にはまっているという話から始まり、家がご近所だったりと

ひょんなご縁で今ではパンフレット制作を頼んだりと

それ以来かなりお世話になっています。

 

大雪の日、植物はさすがにあまり連れて行けず

ストーブやらタイヤチェーンやらと防寒グッズが荷物の大半で

いったい何屋なんだか分からないブースだったかもしれません。

さすがにこの寒さ、お客様の姿もまばら。

出展者の僕らも寒くて持ち込んだストーブから離れられません。

 

そんな中、主催の方々はいつも以上に会場内を精力的に動き回り

飲食のブースから自腹で大量に購入した商品を出展者へ配ってくれたり

自分たちのお店は放り出して

他のブースの片付けやら誘導やらとすごい動きを見せてました。

IMGP7188

しんしんと降り積もる雪と吹き始めた風のため

結局昼には中止になってしまったんですが

体は凍えてしまったけど、売り上げもダメだったけど

雪がうっすら積もり始めた帰り道

心はなんだかあったかく気持ちよくて

清々しい気持ちになりました。

 

屋外でのイベントなどは天候状況によって大きく左右されます。

出展者はみんなそれぞれ何日も前から一生懸命準備して。

それでもその日の天気なんて誰にもどうしようもないんです。

いろんな人の気持ちがこもったイベントは

大きいとか小さいとか関係なくて、やっぱり気持ちいいもんです。

 

大雨でも台風でも、

アメニモマケズ、カゼニモマケズ。

おもしろ楽しくやりたいと思います。

 

—-イベント出店情報———–

2016年

2月14日 神柱ピクニック @宮崎県都城市

2月21日 まちめぐりマーケット @福岡県宗像市

2月27〜29日 リバーウォーク北九州にてポップアップ出店

3月5〜6日 手しごと市 @大分県別府市

3月17〜21日 全国陶磁器フェア @マリンメッセ福岡

4月1〜3日 長崎ココウォーク出店

2016-02-07 | Posted in blog, イベント, 九州No Comments » 

 

冬備え。

 

IMGP6856

最近長靴のヘビーローテーションっぷりがハンバないです。

少々汚れてたって気にならない、むしろこれぞ汗の勲章じゃいっていう

働く靴の雰囲気、僕は好きです。

 

さて今年は暖冬で油断しているうちにあっと言う間に師走となりました。

しばらくぶりのブログ更新となってしまいまして

その間いったい何をしてんだ、

とのお客様からの声が聞こえてきそうですが

決して遊んでた訳ではございませんで・・・。

 

「冬備え」です。

そう!厳しい日本の冬の寒さから植物たちを守るべく

温室へと大移動させていたんです。

 

エアープランツ(チランジア)の栽培管理にとって

難しいシーズンは真夏と真冬ではないでしょうか?

僕ら人間と一緒で、暑すぎたり、寒すぎたりっていう季節は

少し気をつけるポイントがあります。

 

寒い季節、平均気温が下がってくると植物は体力を温存するため

寝ているような状態になります。

(樹木も葉を落としたりして準備しますよね)

 

なので、この季節は生長を期待するよりも

とりあえず寒さに耐え穏便にやり過ごして、来るべき春を待つ

いわば我慢の時期です。

 

エアープランツの置かれた状況にもよりますが

水に濡れたまま夜の寒さにあたると、株が冷えて弱ってしまいます。

暖かい日中にあげた水が、

寒い夜までに乾くようにしてあげるとトラブルが少ないですよ。

 

ただ冬の室内は乾燥しているので加湿はしてあげたい・・・

ということでおすすめの方法を。

 

お皿などに置いて育てている方は

少し水を張っておきます。

IMGP7074

 

そこに小石やサンゴ、ビー玉など

水を含みすぎないものを敷いてあげて

IMGP7076

株が水に浸からないようにした上に

エアープランツ(チランジア)をちょこんと乗せるだけ。

 

IMGP7078

 

たまに乾いた分だけ水を足して加湿しながら様子を見て

霧吹きなどの頻度を調整してみてください。

また冬の暖かくて柔らかい日差しに

たまに当ててあげるのもいいと思います。

 

もちろん品種による違いや、置かれた環境によっても

水やりの間隔は違うので色々と試してみてくださいね。

 

もう幾つ寝ると〜来年もすぐそこまで来ております。

今年もあと少し。悔いなく終われるように皆さん楽しみましょう!

 

—-イベント出店情報———–

2016年

1月16〜17日 すぱいす手づくりフェア @熊本県グランメッセ熊本

1月24日 護国神社蚤の市 @福岡県福岡市

1月30〜31日 creema craft party @大阪府インテックス大阪

2月14日 神柱ピクニック @宮崎県都城市

2月21日 まちめぐりマーケット @福岡県宗像市

2月27〜29日 リバーウォーク北九州にてポップアップ出店

3月5〜6日 手しごと市 @大分県別府市

 

 

 

 

 

 

2015-12-19 | Posted in blog, store, チランジアNo Comments » 

 

失敗と原因からの勉強と喜び。

ストラミネア

高層マンションから町並みを見下ろすストラミネア。

 

お客様から旅立っていった植物の様子を

素敵な写真で送っていただきました。

いつもおうちに帰ったらじっくり眺めてくれているとのこと。

植物がこうして繋いでくれるご縁に感謝です。。。こうしたお便り嬉しいです。

 

秋のイベントシーズンに突入したとおもったら

西へ東へ。。。たくさんのお客様との新しい出会いあり、再会ありと

忙しくも楽しい旅が続いております。

 

植物を育てる楽しさを、たくさんの方に味わっていただくべく

日夜頭をひねっているんですが、ふとあるときお客様に言われた

「失敗があるからこそ面白いのよ。」という言葉が印象的でした。

 

レザーハンギングimage

 

僕もけっして植物を育てることが得意だったわけでもなく

いまだに枯らしてしまったり、生育方法を間違ったりと、たくさん失敗しています。

ただ「失敗」には必ず「原因」があって、失敗した分勉強になります。

つまり失敗しただけ、少しずつ上手になっていくということではないでしょうか。

 

よく植物を枯らしてしまうというお客様に出会うたびに

あまり失敗を気にせず、どんどん楽しんで欲しいと思うのは

植物を枯らしてしまうのも、けっしてムダではないからです。

(もちろん失敗をしないようにサポートするのが僕のお仕事です)

 

実際育てるのが上手な方は、たくさんの失敗をされてきています。

失敗があるからこそ、花が咲いたり子株が生まれたのを見つけたときの

「嬉しさ」「わくわく感」は格別ですよ。

 

どんどんスピードが加速していく時代の流れの中で

植物のリズム、成長の時間軸は

僕らに忘れがちな大事なことを、気づかせてくれる気がします。

 

「More enjoy Green life! Have fun Air plants!」facebook

 

─<今後のイベント出店情報>───────────

10月3~4日 海辺のかもめ市 @福岡県北九州市門司港

10月10~11日 アンティーキング inHAKATA

10月17~18日 グリーンピクニック @福岡市 舞鶴公園

10月24日 いっとかんばかっとかんば @長崎県 諫早市

10月25日 タカノホーム イベントへ参加 @福岡市 南区

10月31~11月3日 ロハスフェスタ @大阪 万博記念公園

11月6~10日 西鉄大橋駅 名店街にてポップアップ出店

11月14~15日 門司港 グランマーケット秋 @福岡県 北九州市

 

2015-09-27 | Posted in blog, storeNo Comments » 

 

秘境へ。

連日のように猛暑日を告げるカーラジオを聞きながら

うだるような暑さから逃れるように、ふらっと旅に出ました。

 

高速道路を降りて山道を延々と・・・

この日も追いかけてくる暑さから逃げるべく

いくつかの長いトンネルと、いくつかの高い橋を越えると

そこには「神話の里」の文字通り、

神様が住んでいそうな景色が広がっていました。

 

IMGP6540

以前からずっと行ってみたかった秘境、高千穂。

四方を山々に囲まれた小さな里にはうっすらと霧が立ち込めていて

浮世離れした幻想的な雰囲気におもわずため息が漏れます。

 

まだそれこそ日本という国すらないような古代から

ここに住む人たちが神様と共に

大自然の中に暮らしてきたことに想像を巡らすと

言葉では言い表せない畏敬の念を覚えます。

 

山あいの町にはそこかしこに神社が立ち並び

境内にはご神木とされている巨木が必ず迎えてくれます。

巨木好きの僕はテンションが上がりっぱなしです。

IMGP6584

次の日は少し早起きして、神話で岩戸に隠れた天照大神のため

八百万(やおよろず)の神々が集まって相談したという洞窟「天安河原」へ。

平日の朝早かったこともあってか周囲に人影もなく

案内板を頼りに森の中へ・・・。

 

立ち込める朝もやの中、朝日が差し込み川面に反射してきらきらしてて。

その光景に、「こりゃほんとに神様、ここにいるな。」と背筋が自然と伸びてきます。

IMGP6554

 

すると突然目の前に現れた鳥居と、そこらじゅうに積み上げられた石。

あまりの迫力にカメラを向けるのも忘れて立ちすくむ僕。

なんだか神聖な空気が漂っている空間に不思議な感覚を感じました。

 

こうして連綿と続いていく古代からの時の流れのスケール感に比べて、

自分のちっぽけさを痛感します。

せいぜい頑張って生きてみても数十年の僕の人生と、

数千年、数万年の時間軸で変化していく自然。

自分のくだらない悩みが、ほんとにくだらなく思えてきます。苦笑。

 

秘境・高千穂にはまだまだ神話が息づく自然の迫力が

色濃く残っていました。

自分と向き合ういいきっかけが自然の中にあるような気がします。

残念ながら僕はもちろんそこにはいないけど、

数千年後も変わらず美しいままでありますように。

IMGP6573

 

─<イベント出店情報>───────────

8月21日~24日 福岡市西鉄大橋駅にてポップアップ出店

9月4日~6日 カントリー&クラフトフェア @グランメッセ熊本

9月12~13日 長崎護国神社の庭フェス @長崎市

9月20日 護国神社蚤の市 @福岡市

9月23日 ben:chi 10周年記念「Thank you very Marche」@兵庫県芦屋市

10月3~4日 海辺のかもめ市 @福岡県北九州市門司港

10月10~11日 アンティーキング inHAKATA

2015-08-18 | Posted in blog, trip, 九州No Comments » 

 

憧れのひと。

IMGP6520

 

思わぬところで、憧れのひとに逢う機会を頂きました。

 

その人は、おもったより随分と小柄で控えめだったけど

おもったとおり柔らかくてほんとに素敵なオーラをまとった人でした。

 

地元福岡での開催ということもあり、たくさんのファンの方に囲まれていたけど

照りつける真夏の太陽の下、汗を拭いながら

ひとつひとつの船に丁寧に声を掛けてました。

 

現場は僕の自宅からすぐ近くの港。

十数年東京に住んでいても会うことはなかったし、

その後数十年住んだとしても、まず会えなかっただろうなという人に

福岡に移住してきて2年足らずで会えるとは。。。

 

 

IMGP6494

 

全国各地で毎年開催されている「タモリカップ」

日本で一番楽しいヨットレースと銘打たれたイベントには100艘を超えるヨットが参加して

その日、福岡の海には見たことのない数のヨットが浮かんでいました。

 

IMGP6507

 

船長のコスプレをしたタモさんは、開会式の海上パレードにあたって

その目の前を通り過ぎる一艘、一艘に

「がんばってくださーい」と声を掛けていました。

 

IMGP6483

いつの頃からか、物心ついたときには既にテレビに映っていた人のことを

自分が歳を重ねるに従って、この人は「すごい人」だなと思うようになりました。

過去の語録や逸話に事欠かないタモさんですが、

いわゆる芸人さんでもなく、もはやジャンルが「タモリ」としか言いようのない

誰ともかぶらない独特のキャラクターと立ち位置に

力の抜けたいい感じ。男として、かっこいいっす・・・。

 

 

 

よーし。来年はタモリカップに俺も参加するぞーと

鼻息荒く、その帰り道。

ヨットハーバーの脇で、ふと目に留まったクルーザー。

ピカピカのボディに小さな数字が・・・えっ?

IMGP6516

IMGP6516price

 

・・・えーっと。。。

とりあえず来年は観戦かな。汗。

 

 

2015-08-05 | Posted in blogNo Comments » 

 

花と子株。

 

アンドレアナ花1

 

ひょっこりと顔を出したアンドレアナの花。

 

繊細な細い葉と愛嬌のあるフォルムは

よくお客様より「かわいい」の言葉を欲しいままにします。

 

 

アンドレアナ花2

たしかに。。。ほんのりと葉も赤く色づいたりして。。。

気づけば口をついて出てくる「かわいい」・・・。

 

植物に「かわいい」といって頂けることは

エアープランツ屋としても、なんとも嬉しいわけで。

 

「かわいい」の基準は人それぞれではありますが

ふと、笑顔が生まれる瞬間に立ち会える喜びでもあるわけで。

 

 

IMGP6266

嬉しさのあまり、意味もなく頭にも乗せたくなります。

 

 

さて、そうした花が終わったらどうなるの?

というご質問を受けることも多いんですが

多くの品種が開花のあとに子株や種をつけることで

殖えていきます。

 

花が咲き終わると、花自体がしおれてくるので

花芽を切ってしまって構いません。

 

個人的には枯れた花芽のとなりから新しい子株が

生まれてくる姿も野趣あふれて素敵なので

あえてそのままにしておいたりもするんですが

花芽を取ることで無駄な養分が行かない分、

子株への生長へと繋がるので、普通は花芽を取ることをオススメします。

 

こちら、花が終わったコットンキャンディ。

IMGP6372

この辺からはさみでパチリと落とします。

 

こんな感じ。

IMGP6375

 

お!すでに子株を発見です。分かりますかね??

IMGP6377

この子株が成長して花を咲かせて、、、というサイクルで

群生して殖えていきます。

もちろん株分けも可能なんですが

ある程度のサイズになるまでは

親株の栄養が供給されているので少し我慢してくださいね。

 

育てやすく花の咲きやすい品種もあるので

ぜひ気軽に聞いてください。

 

エアープランツ天狗堂

facebookWEB STORE

 

─ イベント出店情報 ────────

■7月9日~11日 「ILYA」6周年記念イベント @福岡県春日市

■7月14日 「天使が舞い降りる」 @福岡県京都郡にて店頭販売

■7月17日~20日 よりみち雑貨市 @長崎県長崎市ココウォーク

■7月25日~26日 HANDMADE IN JAPAN fes @東京都東京ビッグサイト

■8月21日~24日 福岡市 西鉄「大橋駅」にてポップアップ出店

■9月4日~6日 カントリークラフトフェア @熊本県グランメッセ熊本

■9月12日~13日 護国神社の庭フェス @長崎市護国神社

2015-07-10 | Posted in blog, まるお店長, チランジア, No Comments » 

 

香りを聞く。

IMGP6078

ストラミネアの花がやっと咲いた。

花芽を見つけたのがまだまだ寒い冬の終わり。

随分ゆっくりだったけど、九州地方が梅雨入りしたって言われた日に

花が咲いた。

 

IMGP6066

花に顔を近づけてみる。

甘くていい香り。

今度のイベントには一緒に連れて行って、たくさんのお客様に嗅いでもらおう。

 

やっぱり香りを言葉にするのは難しいです。

昔、京都の老舗御香メーカーの方とお仕事をご一緒させていただいた時に

それこそ香りのプロが社内の会議で香りのイメージを共有するときに

表現が難しいということをおっしゃっていたのを思い出しました。

 

そのとき日本には伝統的な「香道(こうどう)」という作法があることも教えてもらいました。

面白いのは、聞香(もんこう)といって様々な香りを嗅ぎ分けることを「聞く」と表現すること。

 

実際に僕も体験させてもらって

非常に高価な香木(こうぼく:香りのある樹)をほんの少し削って

炭の上に置いて、そこから立ち昇る香りを嗅ぐんですが、「どうですか?」って

聞かれたときに、それに答える表現方法に、その人の個性や感性が

現れるような気がしました。

 

たしかに今まで嗅いだのとは一線を画す「いい香り」で

そのとき僕はうまく表現できなかったけど、

「イメージなので難しく考えずに、自由に伝えればいいんですよ」と言われ

「これが香道か。」と、その奥深さを思い知ったことを思い出しました。

 

さてさて、この香り。

お客様の反応と表現を楽しみに

今月もいろんなところに出掛けたいと思います。

 

─「エアープランツ天狗堂」近々の出店情報──────────────

6月8~10日 福岡インターナショナルギフトショー @マリンメッセ福岡

6月12~15日 西鉄大橋駅にてポップアップ出店

6月19~21日 JR博多CITY,AMU5階東急ハンズ側にて父の日特別ポップアップ出店

 

新株も続々入荷してきています。

少しずつWEB STOREにてご紹介中です。

こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

2015-06-06 | Posted in blog, store, チランジアNo Comments »