blog

高校での出張授業。

さて皆さん、小さい秋みつけてますか?

久しぶりのblog更新となってますが(一部のお客さんから全然blog更新しないっすねと、あおられてます。。。)

時が経つのは早いものですっかりと秋めいております。

 

いつもお世話になっている農家さんの稲刈りなど手伝ってみると改めて「実りの秋」実感します。

ついつい日々の忙しさにかまけていると、せっかくの秋の美しさ見逃す所でした。

いかん、いかん。。。「感性」を大事にしたいです。

 

先日ふとしたご縁で、ありがたいことに地元の大分の高校で授業をさせて頂く事になりました。

うーん。。。今どきの高校生に向けて僕が何を教えることが出来るのか。。。

こうみえて結構まじめにしばらく考えたんですが

結果、教える事は出来なくても自分が経験してきた事なら伝えること出来るかと思い直し、

これまでの余りある(!)失敗談や自分が悩んできたことを正直に話すことにしました。

 

当日はいざ高校生を目の前にすると、真剣に僕の話を聞いてくれるもので自然とこちらにも熱が入ってきて、

2時間の持ち時間もあっという間で終わったときには僕の脇汗がすごかったです。(僕の話で寝てる子が一人もいなくてよかったー)

 

とはいえ、人に話すために改めて自分のことを振り返ってみると、

そのときは必死で心の余裕無かったけど今になって気付かされることとかもあったりして

30代最後の誕生日を前に人生の棚卸し的ないいタイミングをもらいました。

 

純朴な高校生の目を見て、なんかすがすがしかったです。

 

(エアープランツ天狗堂 イベント出店情報)

10月29日 旅する蚤の市 @長崎県佐世保市

11月5日 森まつり byタカノホーム @福岡市南区

11月11−12日 諫早picnic marce @長崎県諫早市

11月23ー26日 山口井筒屋にてポップアップ @山口県山口市

12月2日 シクラメンマルシェ by三浦園芸 @長崎県長崎市

12月9ー10日 クリエイターズマーケット @愛知県名古屋市

12月15−17日 ココウォーク長崎 ポップアップ @長崎県長崎市

12月22日 サニーサイドモール ワークショップ @福岡県北九州市

1月10−14日 長崎浜屋にてポップアップ出店 @長崎県長崎市

1月20−21日 手づくりフェア グランメッセ熊本@熊本県熊本市

2017-10-27 | Posted in blogNo Comments » 

 

暑い季節の管理。

 

エアープランツの栽培にとって最大の山場は「真夏」と「真冬」の管理と言えます。

逆に言えばこの時期をうまく乗り切る事が出来れば失敗の可能性はかなり少なくなると言えると思います。

 

最近の日本は気候変動の影響なのか、全国的に気温の高いシーズンが長期化する傾向にあります。

僕らの住む日本には四季があり、その季節によって気温の変化も大きいのでシーズンに合わせてメリハリをつけてあげるのが育て方のコツになってきます。

 

今回はこの夏場を上手にクリアして行く方法についてまとめてみたいと思います。

 

暑い時期、いちばん多い失敗のケースとして「株腐れ」が挙げられます。

エアープランツは株が濡れた状態で高温、無風の状況にあると株が蒸し上がってしまい、株腐れへと繋がって行きます。

 

こんな感じ。。。

「あー!やっちまった。。。」

株の中心がすっぽ抜けてバラバラになってしまう「株腐れ」。

誰もが必ずといっていいほど経験する

エアープランツの失敗あるあるですよね。

 

梅雨の時期など湿度が高い状況が続くときには、水やりの頻度を減らすなど、天候や気温の状況によって育て方を工夫してあげると植物も喜びます。

 

夏場、朝に水に濡らすと昼間の暑さでお湯となって株が煮えてしまうので、夕方以降水やりを行いベランダや軒先などで一晩、風にそよがしてあげると株の奥まで自然と乾きます。

屋内の場合は扇風機やシーリングファンなど風がよく動く場所へ置いてあげると機嫌が良いですよ。

 

以下、秘伝の教えっぼく(?)まとめです。

 

*エアープランツ:暑い季節の管理の心得*

 

ひとつ、強い日差しを避けられる風通しの良い場所(環境)が重要、出来ればベランダや軒先など直射日光を避けて屋外へ出してあげるべし。

 

ふたつ、部屋の中で育てている場合、特に水やり後はベランダなどで一晩風に当ててあげるべし。株が乾いてさえいれば、ある程度の暑さには耐えられる。

 

みっつ、夏の日差しは強烈なので直射日光による葉焼けに気をつけるべし。観葉植物の木陰やカーテン、遮光ネットなどを巧みに有効活用すべし。まずは植物にとって居心地よい環境づくりが栽培の基本と心得るべし。

 

※夏の暑さ&蒸れが苦手な品種:フクシー、ベルティナ、マグヌシアナ、テクトラムなど

(つぼ型品種:セレリアナ、カプトメドーサエ、ストレプトフィラなどは特に夏場蒸れやすいので注意)

 

また株腐れをしてしまった株でも諦めないで。

株自体に体力が残っていれば

こんな感じで親株が死んでも

ごくたまに子株を出してくれる事もあります。

注意深く観察して最後の奇跡に掛けてみるのも大事です。

 

 

今年も厳しい暑さがやってきますが

夏しか出来ない楽しみも多いですよね。

ぜひ植物と一緒に上手に夏を乗り切りましょう!

 

2017-07-01 | Posted in blog, チランジアComments Closed 

 

海とプリン。

エアープランツ天狗堂は、今年の春のイベントシーズンが一段落。

各地のお客様との再会あり、新しい出会いありと

慌ただしくも楽しく走り回っておりました。

 

毎回僕らのお店に立ち寄って頂くお客様との会話が楽しくて励みになってます。全方位にありがとうございます!

 

さて久しぶりのblog何を書こうかしらと考えていたら

季節もいいし、糸島のオススメお出かけスポット情報を。

 

行く先々で色々と面白い出会いがあるもので。

オランダ人の旦那さんとご結婚されて夫婦で福岡糸島へ移住された素敵な笑顔の女性と知り合ったのはまだ肌寒い3月の事。

ご近所ということでアムステルダムで出会ったご主人と息子さんを連れて後日遊びにきてくれました。

 

現在旦那さんは糸島にある天然塩の製塩所「またいちの塩:工房とったん」で働いているということで、気持ちのよくなってきた春の陽気に誘われて、今度は僕らが仕事場見学に行かせてもらうことに。

 

実はすでにかなり有名な観光スポットということで

週末には一日数千個を販売するという名物の塩プリンを求めて

観光客が押し寄せるという噂に聞く名所。

 

まず圧倒されるのはその立地。ロケーションです。

一言。不便だけど最高です。

はい、目の前一面大海原どーん。

福岡中心部からわずか小一時間。

糸島もここまでくるとかなり透明度の高い海が迎えてくれます。

綺麗な海を見ると、おもわず意味も無く波打ち際に行ってしまう

。。。よくみる海岸の光景あるあるです。

 

 

自分たちの手づくりの小屋の中で忙しそうに手を動かすスタッフの中に

知った顔を見つけて声を掛けると快く笑顔で工房を案内してくれました。

 

くみ上げた海水をまずは天日で乾燥させた後、火にかけて数日間。

大量の海水から煮詰めたわずかな塩水に結晶化して出来上がる塩。

釜からすくいあげてくれて出来立ての塩を試食させてもらいました。

とがった塩辛さはなくて、なんともマイルドな深みのある味わい。

 

工房では出来立ての天然塩はもちろんのこと、

名物となった塩プリンも販売。

 

そして海をぼーっと眺めながら食する塩プリン。

その時間が「贅沢」です。

※肝心のプリンの写真はどれだとお思いの皆様、わたくし、しばし放心していたため撮り忘れていた事をこの場をお借りして謝罪させて頂きます・・・。

 

平日が断然のんびりできてお勧めとのこと。

都会の喧噪をよそに

海を眺めながら何も考えずプリンを口に運ぶ時間。

皆様、ぜひ一度ご賞味あれ。

 

 

エアープランツ天狗堂

今後のイベント出店情報

6月23〜25日 山口井筒屋にてイベント出店 @山口市

7月22〜23日 HAND MADE IN JAPAN FES @東京ビッグサイト

 

 

 

2017-06-02 | Posted in blog, trip, 九州No Comments » 

 

株分けの仕方。

春よ来い。早く来い。

春が待ち遠しいプランツラバーの皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は株分けについて書いてみたいと思います。

上手に育てるとエアープランツは増えます。

 

当然と言えば当然なんですが、生長しながら

それぞれ花を咲かせて

子孫を残していくわけです。

種をつくることもあるんですが、こんな感じで

株元から子株を出してくることが多いです。

 

ニョキニョキと同時に何株も出てくる場合もあり。

 

キセログラフィカだってこの通り。

ちゃんと子株を出してくれます。

 

やった!増えたぞ。さっそく子株取っちゃお!

と思ったあなた。

ちょっとお待ちを・・・。

 

初期の段階は親株からの栄養にも依存しているので

慌てず親株の半分くらいのサイズになるまで我慢しましょう。

 

もちろんこのまま集合体(クランプと呼びます)へと育てて

迫力のある形へ仕上げるのもまた良し。。。

一般的にクランプ状態になったものの方が

やはり環境の変化に対してもタフで育てやすいです。

 

今日は良く子株が増えやすくて株分けも簡単な

「イオナンタ」でやってみようと思います。

いい感じに子株が大きくなってきました。

左下の子はまだ小さいのでもう少しそっとしておきましょう。

 

やり方は簡単。

こんな感じで株元を優しく持って・・・

親株と反対側に倒しながら手首を使ってひねる感じです。

そうすると、ポロッと、いとも簡単に取れます。

 

 

ほらね。

親元を巣立って、無事に独り立ち。

独立記念日おめでとうございます。

株分けの瞬間、この感触、たまらなく気持ちいいです。

 

葉挿しなどで増える植物とは違って

のんびりゆっくりとではありますが

こうして自分でも増やしながら育てられる楽しさもあるんです。

 

子株の生長を温かく見守りながら

また親株へと大きく育ててみてくださいね。

 

 

そんなこんなで春のイベントシーズンに突入です。

今年も植物と一緒に色んな場所にお邪魔しますよー。

どこかでお会いしましょう。
エアープランツ天狗堂

WEB STOREfacebookInstagram

 

=イベント出店情報===

4月1〜9日 福博花しるべ @福岡天神 警固公園にてポップアップ

4月8〜9日 門司港グランマーケット @福岡北九州市

4月15〜16日 護国庭フェス @長崎県長崎市

4月29日 九州蚤の市 @熊本県熊本市 ※僕らの出店は29日のみです。

4月30日 きくちマルシェ @熊本県菊池市

5月3〜6日 ナチュラルライフフェスタ @大阪大阪市 ※ワークショップが中心です。

5月12〜15日 ロハスフェスタin万博 @大阪万博記念公園

5月20〜21日 護国神社蚤の市 @福岡市 ※「GOKOKU GOOD LIFE Market」内で出店

5月26〜28日 ロハスフェスタ広島 @広島県広島市

2017-03-31 | Posted in blog, チランジアNo Comments » 

 

灯火。

IMGP0616

数多くの歴史の舞台となった街、長崎。

その長崎の夜が一年の中でもこの季節、もっとも華やかになる。。。

そうです、先日「長崎ランタンフェスティバル」に行って参りました。

 

中国ともゆかりの深いこの地で旧正月を祝うシーズンにあわせて

毎年開催されているというこのお祭り。

この日も肌寒い夜だったんですが、かなりの人で賑わってます。

 

IMGP0612

 

「ランタン」と聞いてふとイメージするものとは違って

提灯に近い感じですが、青森のねぶたを連想したのは僕だけでしょうか?

ただし登場するキャラは、かなりチャイナ感が強いです。

 

IMGP0606

IMGP0614

文字通り長崎にある中華街が中心地となってまして

ど派手な色彩と、見た事無い食べ物から

通りの雰囲気まで、まさに異国。

 

思いっきりその独特でカオスな雰囲気にどっぷり飲み込まれるのが

このお祭りの楽しみ方かもしれません。

いわゆるクリスマス的なイルミネーションとは一線を画す

これぞ東洋の灯火。

IMGP0618

隠れキリシタンから不死鳥まで飲み込む長崎の懐の深さ。

まさにチャンポン文化ですね。

 

極彩色にきらめくランタンを見ながら

改めて長崎という街の奥深さを感じました。

 

そんな長崎にまた今年も何度かお邪魔する予定です。

僕も思いっきり長崎の懐に飛び込んでみたいと思います。

 

=今後のイベント出店予定===

2月12日 神柱ピクニック@宮崎都城市

2月17ー19日 リバーウォーク@福岡北九州市にてポップアップ出店

2月18ー26日 LIFE+ @福岡市Homesic博多店

3月4ー5日 手作りこだわり雑貨フェスティバル@長崎市

3月11ー12日 手しごと市 @大分別府市

3月16ー20日 全国陶磁器フェア@マリンメッセ福岡

4月8−9日 門司港グランマーケット春@福岡北九州市

 

IMGP0623

 

2017-02-06 | Posted in blog, trip, イベント, 九州No Comments » 

 

大自然。

img_1971

みなさま新年あけましておめでとうございます。

 

 

一見初日の出の写真っぽいですが、実は初日の入り。

360度のパノラマが広がる阿蘇の「大観峰」にてじっくり拝ませてもらいました。

山の稜線に沈む夕日で、グラデーションに染まっていく空。

初めて行ったんですが写真では伝わらないほどスケール感がすごいです。まさに大自然!

 

その後、すぐ近くの昨年の地震で一部倒壊してしまった阿蘇神社へ。

倒壊した社殿はいまだ生々しい状況ですが復旧に向けて

多くの参拝客に混じって僕らも初詣させてもらいました。

今年はどうか平穏で平和な一年となりますように。

 

元旦から大自然の美しさと厳しさをつくづく実感しながらの

一年のはじまり。

 

 

お陰様で周りの方々に温かく支えて頂きながら

今年も迎える事が出来ました。ありがとうございます。

これからも元気で楽しい植物達をお届けできるよう

試行錯誤の日々が続きますが

植物が繋いでくれる出会いを楽しみにしています。

本年も引き続きエアープランツ天狗堂を

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

fullsizerender

 

 

2017-01-07 | Posted in blog, trip, 九州No Comments » 

 

寒い季節の管理。

imgp7757

一雨ごとに近づいてくる冬の足音。

 

プランツラバーの皆さん、そわそわしてますか?

外で管理していた植物を室内に取り込んだりと忙しくなるこの季節。

今日はこれからの寒くなる冬の季節、気になるエアープランツの管理方法について

書いてみようと思います。

 

お家の環境、植物を置く場所によって冬場の冷え込み方も違うと思います。

一般的な観葉植物が冬越し出来る環境であれば、エアープランツ達にとっても問題ありません。

 

最近のマンションなどは気密性も高いので、

気温の変化や夜の冷え込みなどもさほど激しくなく

植物の管理もしやすい環境だと思います。

 

寒い季節、エアープランツは活動を緩やかにしています。

この休眠期をうまく乗り切って春先にぐんと生長させてみてください。

 

寒い季節は水やりの頻度を抑えて暖かい日中に水をやり

風にあてて夜には乾いている方がトラブルが少ないように感じます。

濡れていると夜の冷え込みによって株が弱ってしまうからです。

 

ただし室内の乾燥が気になる場合は、加湿は非常に有効です。

加湿器などが無い場所であれば、以前紹介したこんな方法もあります。

銀葉種などは湿度を管理する事でトリコームがより美しくなりますよ。

imgp7653

もちろん品種によって寒がりな種類もあります。

フンキアナ、アンドレアナ、ストリクタ(ハードリーフは比較的寒さに強い)、ブルボーサ、ムルティフローラなどは気をつけてください。

キセログラフィカやセレリアナなど

水が溜まりやすい形や葉が密集しているタイプも水が長期間残ると

株腐れなどを起こすので水やり後の通風を

いつも以上に意識してあげてくださいね。

 

また枯れた葉などを丁寧に取り除いてあげるのも

水の停滞を避ける意味でも大事です。

たとえばこんな感じ。

imgp8215

お尻の方の葉が枯れることはよくあるので

ピンセットなどで引っこ抜いてあげてください。

 

同様に葉先が乾燥などでチリチリっとしているようなら

ハサミなどでトリミングしてあげても問題ありません。

また中心から新しい葉が生まれてきます。

imgp8213

特に写真のフックシーなど葉が繊細な品種は、湿度不足でチリッとするので

加湿を意識すると調子いいですよ。

 

寒い季節は苦手という方も多いですが(僕も苦手。。。)

エアープランツの株が引き締まって

美しい形に育っていく季節でもあります。

ぜひ上手に乗り切って大きく育ててみてください!

 

エアープランツ天狗堂

WEB STOREfacebookInstagram

 

=イベント出店情報===

11月20日 JOY @福岡県久留米市 久留米百年公園

11月26−27日 旅する蚤の市 @大分県大分市 パークプレイス大分

12月12ー13日 西鉄大橋駅名店街にてポップアップ出店

12月16−17日 ハンドメイド&こだわり品フェア @福岡市 福岡国際センター

1月14−15日 手づくりフェア@熊本県宇土市 宇土シティモール

1月21−22日 creema craft party @大阪府 インテックス大阪

 

2016-11-16 | Posted in blog, イベント, チランジアNo Comments » 

 

水やりのタイミング。

imgp7719

育て方に関する質問を受ける事が多いのですが

日頃よくお客様から聞かれることが多い質問に

「水やりのタイミングはいつ?」ということがあります。

 

答え:「環境による」

 

は?

いやいや、そりゃ当然でしょ!

普通、これじゃ納得しないですよね。。。

 

その結果、困った顔のお客様と、困った顔の僕が

お互い顔を見合わせてしばらく沈黙する。

という光景がよくあります。

 

実はこれ、ひじょーに答えにくい質問でして。。。

自然界では夜露や朝霧に濡れた葉から水分を吸収して生きているため

水やりは葉に直接あげるという事はご存知の方が多いんですが

さてそのタイミングは?と言われたとたん

その答えに困るというのが正直なところです。

 

まじめに答えると品種が違えば生息地も違うため

当然それぞれ品種によって乾燥への強さ、水の要求度も異なる点。

 

さらに置かれている状況、お家の湿度なども違うので

一概にまとめることが出来ない言う点。

 

また日本の場合、四季があるため季節によって

水やりの頻度もメリハリをつける必要があります。

 

ここまで聞いて

「あー。もう分からん。ややこしいわ!」というあなた。

相手は僕らと同じ生き物。しごく当然じゃないですか。

ひとつ、その曖昧な所も愛してあげようじゃないですか。

 

まだ諦めるのは早いですよ。

実はヒントはあります。

つぼ形の品種(T.caputmedusae)などは葉をよく観察すると

水を欲しがっている場合、こんな感じで葉がカールします。

imgp8192

通常の場合はこんな感じで葉にレールがあって

葉でとらえた水滴を株の中心に運ぶような形になっています。

imgp8194

この違いが分かりますかね??

imgp8195

 

お次はT.bulbosa belize

通常はこんな感じだけど・・・

imgp8201

乾いてくるとこんな感じに・・・

imgp8199

こうしてよく観察してみるとサインは出ているんです。

 

ぜひ自分のお家で育てながら、観察しながら

その感覚を掴んでもらいたいです。

 

もちろん水やりの後の「風」も重要です。

自然界では風でしっかり株が乾くということも忘れずに。

 

植物と一緒に暮らすとそうした小さな変化に気付ける

「感性」をたくさん教えてもらえる気がします。

植物との暮らし、もっともっと楽しみましょう。

お手伝い喜んでご一緒させて頂きます!

 

=今後のイベント出店情報===

10月21−23日 山口井筒屋にてポップアップ出店 @山口県山口市

10月29−30日 門司港グランマーケット秋 @福岡県北九州市

11月3−6日 ロハスフェスタ in万博記念公園 @大阪府

 

2016-10-04 | Posted in blog, チランジアNo Comments » 

 

ワークショップとニヤケ顔。

IMGP8142

先日URBAN RESEARCH DOORSさんとの共同企画ワークショップを開催しました。

 

まさにライフスタイル全般を提案するショップからのお誘いに

植物、そしてエアープランツ(チランジア)にフォーカスして頂けたのが嬉しくて

どきどき、そわそわしながらの開催でした。

 

綺麗な店内にわざわざ特設ブースを用意して頂き(ありがたい。。。)

僕らについての簡単な紹介をして頂いた後、この植物の特徴についての説明をさせてもらいます。

参加者のみなさん興味はあったけど、育てるのも初めてという方が意外と多くて

僕の説明にもがぜん熱が入ります。

 

初めての植物との出会いに触れる瞬間。

これぞエアープランツ屋冥利に尽きます。

すこしでも毎日が楽しくなるきっかけになれたら嬉しいです。

IMGP8146

今回のワークショップでは、少し手仕事を体験して頂こうと

それぞれ想い想いの形に植物を飾って育てる

「KINOKO」を作って頂きました。

 

悪戦苦闘しながらも自分好みの色の組み合わせなどを

選んでいるうちに完成に近づいてきて

徐々に皆さんの顔もにやけてきます。

そのにやけた横顔を見ながら、僕もにやけるという、ゆるいワークショップ。

 

IMGP8149

いやいや、この時間こそが贅沢じゃありませんか。

不思議と植物を連れて帰る皆さんの様子、

心持ちはしゃいでおりました。

 

お店のスタッフさんも次々と飛び入りで参加してくれたり

お客様同士の交流ありとなんだかほっこりhappyな時間を頂きました。

いい笑顔ごちそうさまでした。

またどこかでお会いしましょう!

 

エアープランツ天狗堂

facebook / instagram

=今後の出店情報=====

8月14〜16日 @福岡西鉄大橋駅ポップアップ

8月19〜22日 @福岡天神イムズにてポップアップ

8月26〜28日 @福岡マリノアシティポップアップ

9月10〜11日 @長崎 護国庭フェス

9月17〜19日 @東京 LOHAS festa TOKYO

9月24〜25日 @福岡 護国神社蚤の市(Green Market)

10月8〜9日 @福岡 海辺のカモメ市

 

2016-08-05 | Posted in blog, イベントNo Comments » 

 

入梅。

IMGP7949

今年も梅雨入り。

蒸し暑い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか?

 

ふらっと通りかかった近所のお寺に見事な紫陽花が。

おもわずカメラを取りにあわてて自宅に戻った次第です。

平日の昼間のためか、この絶景を独り占め。

 

IMGP7948

 

僕は今福岡にある糸島市というところに住んでいるんですが

海と山、そして街のバランスがよく、なかなか雰囲気もゆるくて

良い所です。

 

最近ではちょっとした観光・移住ブームみたいになっていて

糸島にフォーカスした雑誌特集なども珍しくありませんが

今年、たまたま温室が近い糸島へ引っ越した僕も

図らずも巷の糸島ブームに乗っかった形になっております。

 

以前志茂田景樹さんが女装?(・・・もはやどのジャンルにもくくれない格好)を始めたきっかけについて

ある日、突然近所の公園に女装で出掛けたら

自分を見る周囲の好奇のまなざしが意外と心地よかったとのことで

「行くも地獄、戻るも地獄、ならばとことん行ってやろうじゃないの!(オネエ風)」

という訳の分からない思い切りで現在に至るとのことでして。。。

 

それに習い僕も糸島ブーム。

乗れる波なら乗ってやろうじゃないの。ということで

さっそくコンビニで糸島ガイドブックを購入し(素人感まる出し)

その教科書片手に近所の観光地巡りに精を出そうと考えております。

 

ここまで書いてきましたが

あの。ちなみに・・・糸島、いわゆる「島」ではありませんので。

 

はいこれ、大事。

がっちりしっかりと日本列島と陸で繋がっておりますよ。

恥ずかしながら僕は最初どこかの海に浮かぶ島だと思ってました。

(一応ね。そんなこと誰も思ってないですよね。。。汗)

 

2009年に3市町が合併して誕生したそうで、かなり広いです。

ワイルドな自然が残っているので農産物なども豊富です。

実際ここへ来てコメやら野菜などの頂き物が増えて

我が家の食料自給率がかなり高くなりました。

 

海エリア、山エリア、こじゃれたお店もあります。

blogでもちょこちょこと小出しに糸島アピールして、

僕もしっかりブームに乗っかろうと思います。

 

皆様、今後ともミーハーなblogとなっていくかもしれませんが

ひとつよろしくお付き合いください。

 

 

IMGP7951

2016-06-16 | Posted in blog, 九州No Comments » 

 

1 / 612345...最後 »